内面から肩こり解消を考える

良いダイエットは、続けにくい。悪いダイエットは、止めにくい。 > 医療 > 内面から肩こり解消を考える

内面から肩こり解消を考える

2018年8月 2日(木曜日) テーマ:医療

肩こり解消に効くものというと、マッサージ器、ツボ押しなどのグッズから、温泉や入浴剤などいろいろなものが挙げられますが、意外なものとして薬があります。
漢方やサプリメントなど、飲むことによって肩こりに効果があるものも、実はたくさんあるのです。

血液の循環をよくすると言われているビタミンEは、肩こり解消にも効果があります。
その意味で、サプリメントによってビタミンEを補うことも肩こり解消に効果があるといっていいでしょう。
肩こり専用に配合されたサプリメントもあり、そちらもおすすめです。

漢方薬の効能を見ると、肩こりに効くと示されているものも数多くあります。
肩こりに漢方と聞くとピンとこない方も多いかもしれませんが、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

肩こりに効果を示す薬は、市販品と医薬品に分けられます。
医薬品は、きちんと薬局などで処方してもらう必要があります。
これは肩こりの原因によって処方すべき薬が異なってくるからです。
筋肉の緊張が原因ならば、筋肉弛緩剤を処方されたり、自律神経の乱れが原因ならばそれを整える薬が処方されます。

それに対し市販品は、飲み薬だけでなく塗り薬もあります。
こちらはドラッグストアなどで気軽に買うことができるので、気になるものがあればすぐに試してみることができます。

いろいろな肩こり解消グッズを試してみてもなかなか効果が実感できない場合は、栄養面に問題があるとも考えられます。
その場合は、薬やサプリを飲むことで内側から肩こり解消を図ってみるのがいいかもしれません。

肩こり